帝国海軍重巡洋艦最上型「熊野」(昭和17年)(1/700 タミヤ)
IJN Mogami class heavy cruiser Kumano 1942(Tamiya 1/700)



参考文献:   
     光人社「写真 日本の軍艦3」 
 「丸スペシャル 鈴谷・熊野」  
    「日本海軍全艦艇史」     
    グランプリ出版「日本の巡洋艦」  
    海人社「丸メカニクス 日本巡洋艦」
Referring:
Kojinsha ”Pictures of IJN vessels”
“History of all IJN vessels”
Grand prix press “Japanese cruisers”
Kaijinsha “MARU mechanics IJN cruisers”
 タミヤのキットをベースに製作しました。
 開戦時からスラバヤ沖開戦時の、まだ対空兵装増強前の状態にしています。
 幸い、本の表紙を担当させていただきました縁で、本艦の航海士を当時務めてらっしゃいました左近允尚敏(海兵72期)さんより直接お話を伺うことができ、とても参考になりました。
This model is based on Tamiya,s kit.
Fortunately, as I had chance to make top page of his book, I managed to have interview about this ship directry from the navigator of this ship, Naotoshi Sakonjo (72th Seaman class ).


<船体>
 船体にはあらかじめ鉄板の継ぎ目と汚水捨て管がモールドされているので、ほぼそのままに汚水捨て管を追加しました。熊野はちょうど検閲の厳しい時期に誕生したこともあり、同型艦の「最上」と比べると 圧倒的に写真点数が少ないのがたいへんでした。
 舷外電路は、あくまで推定です。  
 舷外電路は0.3mmプラ棒にて再現。 
 アンカーはファインモールドのプラスチック部品を使用しました。
 甲板上のディティールはキットのものが優れていたのでほぼそのままに、通風きのことホーサリール、装填演習砲のみ替えました。
 手すりは、主砲発射シーンであるため主砲周りのものは収容された状態にしています。

Seam and pipes were already molded on original kit, so I only add some pipes.
Degaussing cables are made of photo-etched parts.
Original reels , ventilators and winches are being removed and replaced to new ones.

<主砲塔>
 砲塔はファインモールド製のものを、ライオンロアのエッチングの防熱板でデコレートしました。
 砲身は真ちゅう製に換装。

Main gun turret is being replaced to parts from FINEMOLD.
Gun barrel is made of brass parts.

<艦橋>
 最上・三熊と比較すると、鈴谷・熊野は各所が違っており、竣工当時の写真を見てみると、舷燈の位置が違っていました(使用したジョーワールドのエッチングの説明書でも指摘されていない)。
 艦橋トップにあります防空指揮所は、沈没時までこのままだったそうです。上から見て3つまたになっていますが、左右には高角双眼鏡、真ん中のスペースには羅針盤があったそうです。
 フォアマストトップには、水雷指揮所として双眼鏡が置かれています。
 ループアンテナはジョーワールドのエッチングを使用。
 速力標は、左近允さんの証言で他の信号旗同様、旗甲板から伸びていたそうです。
 信号指揮所からはカラーリング的にアクセントになりそうな信号旗を掲げました。意味は実はございません。


compare to sisterships Mogami and Mikuma, Suzuya and Kumano have many differents. one of them are position of signal lights.
there is anti aircraft deck on the top of the bridge, and it had no change since its construction to the end.
Benoculars are from Hasegawa and Pitroad.
Blowers are being made of brass lines.
I rised frages from flagdeck, but there are no meaning on it. I just made it because it looks good.

<後マスト>
 後マストのトップスルヤードは、戦争直前の大演習時の写真を見てみると既にV型に換装されています。どうやら連装砲に換装するのと同時にここも取り替えられたようです。

Yard on the top of aft mast is changed to V-shape in 1941, probably in same time of changing turret.

<高角砲>
 12.7cm連装高角砲は2011年発売のピットロード製のもの。探照灯、2連装機銃はファインモールド製。防空指揮所の双眼鏡類はハセガワ製エッチングのものを使用しました。


12.7cm twin AA guns are mainly build from parts from PITROAD.
AA machineguns, searchlights are from FINEMOLD.
Binoculars are from Hasegawa.

<航空兵装>
 昭和17年8月撮影の写真を見てみると、熊野は零式3座と九四式3座水偵の両方を搭載していたようです。いつから搭載していたのかわかりませんが、これは左近允さんも直接見て覚えてらっしゃいました。
 カタパルトはファインモールドの呉式五号に,飛行機用軌条はジョーワールド製の部品を使っています。

According to picture taken on august 1942, Kuano had carried both type 0 and 94 3seats planes. navigator Sakonjo had also remember about it.
Catapult is photo-etched parts from FINEMOLD.

<その他>
 空中線は鋼線製。
 クレーンはジョーワールド製のエッチング部品に換装しました。
 船体各所のフェアリーダーはプラ板で自作。一部大型のきのこ通風塔は真鍮線製です。
 ボートダビッドはファインモールドのものを使用しました。
 ボート類はファインモールドとピットロード両方のものを使っています。

Crane is made of photo-etched parts from Joeworld.
KURE type5 Catapult is from FINEMOLD, and tracks are from JOEWORLD.
Fairleads are self made from plastic plates.

HOME