1/35 大洗戦車隊フィギュアのコーナー




<あんこうチーム>

 最も入手しやすいであろうプラッツ製キットをベースに製作しました。
 一人平均1個くらいの気泡の数なのと数でているので、1/35ガルパンフィギュアを始める人はこれか生徒会チームからはじめることをお勧めします。

 戦車搭乗ポーズのフィギュア。スカート中が再現されていませんが、隠れるので特に問題ありません。
 ヘッドホンを交換して、華さんのあほ毛を金属板製にしています。

みほはOM企画さん、優花里・麻子はStudio Xbeeさんの製品です。
後者には瞳だけでなく背中のあんこうエンブレムのデカールが付属していましたが、モデルカステンのデカールに換装しています。
また、優花里の手にしている砲弾はキット付属のものが短砲身用だったため、真鍮製の長砲身W号のものにしました。

こちらはモデルカステン製みほ・優花里。
みほは2体手に入ったので、片方には双眼鏡を持たせて見ました(ストラップは金属製)。
途中で金ボタン塗り忘れたのに気がついたので、あとで追加しました。

POLYTOYSさんのみほ。

 最終回の大洗でのパレードの様子を模したフィギュアです。

 こちらはプラッツのW号H型もどきに付属する、りりしいみほ半身像です。

 こちらは、ボークスから出ているW号戦車型台座付のあんこうチームです。
 フィギュアも台座も出来がよく、これでセットで7千円というのは大変お得だと思いました。
 財座のW号戦車は、てすりを真鍮線にして、フックをデザインナイフとドリルで「正しいフックの形状」に変更し、機銃の銃口を開口しただけです。
 フィギュアは、華さんのあほ毛を金属板で自作しました。
 
 こちらはプラッツの「あんこうチーム・パンツァージャケットver」を元に作りました。
 やはり華さんのあほ毛を金属板で自作しました。

Studio respawnさん製、版権イラストを元にしたフィギュアです。飛び出した冷却水は、クリアーパーツです。

<カメさん(生徒会)チーム>

「オーバーダード」さん製のPJ姿の3人。桃の眼鏡は「五菱工業」さんのエッチングを使いました。

プラッツから出ているレジンキットをベースにしています。
会長は特になにもいじっていません。
桃は、前髪にすでに片眼鏡がモールドされているものと、デカールで表現の2通りが選べる仕様になっていましたが、今回はデカールで表現しています。
柚子は、レジン製リボンが太かったので金属板に換装してリボンらしくしました。


<カバさん(歴女)チーム>

 プラッツのセットです。おりょうさんの眼鏡はデカールで付属しますが、今回は「五菱工業」さんのエッチングを使いました。

 こちらはガレージキットの、PJ姿の歴女チームですが、プラッツのものと比べると頭身が高く、3年生といった風格でしょうか。

<レオポン(自動車部)チーム>

 2013年夏のワンフェスで手に入れた「リベリオン」のまーさん作のフィギュアを完成させました。これが一番最初なのは、一番手間がいらなかったからです。
まずはみだしは若干あるもののデザインナイフでなでるように添いで除去したら、段差も殆どないのでこれもデザインナイフで若干「なでて」、あとは耐水ペーパー1000番以上で処理するだけ。気泡も2箇所だけでした。
特に驚いたのは腕と動体のフィットで、まるで「ほぐしたばかりの焼き魚」のように局面同士が密着するのは初体験でした。
ついでですが・・・汗のてかりと「透け」表現もやってみました。
一番注意が必要なのが目のデカールでした。
目のデカールは当然白色は「透明」なので事前に目の位置に白を塗る必要があります。デカールは切り離されていないので自分で切り離しますが、この際ちゃんと切り離さないとあとあと苦労します。
そして切り離す際は必ず「ぎりぎり」ではなく、ピンセットでつまむ「しろ」を用意します。印刷された場所を触ってはいけない。また、丸まりやすい(自分もこれで失敗しました)
1/48飛行機の幅1mmくらいの説明書きのデカールに慣れてる人なら大丈夫かな?というレベルの仕事でしょうか。

 こちらは2013年12月開催の秋葉原イエローサブマリンコンペにて「ファインモールド賞」を受賞したジオラマです。
 背後霊のように配置したねこにゃーさんがよかったのでしょうか。
プラッツ製フィギュア
こちらはプラッツ製レオポンチーム。
 出来も非常によく、作るのも楽でした。

 オフィシャルキットのP虎に付属する、ナカジマの半身像です。
 
 「リベリオン」さん製、整備中の姿。正直量産品も、立像よりこっちのほうが売れたのでは?と思います。
 
 「オーバーダード」さん製、PJ姿。
 
<あひるさん(バレー部チーム>

モデルカステン製のあけび(だけ)です。
あほ毛だけ別部品でした。

「ゲイトリバー」さん製作の4体セットです。
あけびの耳の脇の毛だけ、金属製にしてみました。

 これはほんとうはナカジマの半身像だったんですけど、髪形と体格が似てるので、髪の色と瞳を変えてキャプテンにしてみました。

<かもさん(風紀委員チーム>

2013年夏のWFでみつけたのはここくらいでした。

「小笠原林業」さんのパンツァーヤッケ姿の風紀委員チーム。ちゃんと3人の個性を意識して造形されています。ヘルメット状の髪の毛だけ別部品でした。

 こちらは「オーバーダード」さんの作品。一番年相応の体格でしょうか。

こちらは「ゲイトリバー」さんの風紀委員チーム。

プラッツ製フィギュア プラッツ製フィギュア プラッツ製フィギュア プラッツ製フィギュア プラッツ製フィギュア プラッツ製フィギュア プラッツ製フィギュア
プラッツ製(原型:おっちょ・スタジオGS)カモさんチーム。
腕が複数付属し、ポーズを選択可能です(接着してしまっていますが、真鍮線を仕込めば差し替え可能)。

<アリクイさん(ネトゲチーム>

 「オーバーダード」さん製作のガレージキットです。
 「紙でコロコロ」さん製作のフィギュアです。  
 ねこにゃーさんの前髪は、レジン製のものが付属していたのですが、これは金属製に換装しています。

<うさぎさんチーム(1年生チーム>

 「オーバーダード」さん製作のガレージキットです。
 出来はプラッツ並、芸術度はそれ以上でした。
 ただ、全員身体が似たような体型だったため、全員いっせいに作ると部品が混じってしまうので1人1人組んでいかないといけなかったのが大変でした。
 エッチング製の眼鏡は「五菱工業」さんのものです。

 こちらはなぜか単体の、POLYTOYSさん製の丸山。
うさぎさんチーム うさぎさんチーム うさぎさんチーム
2016年3月にプラッツから発売になった、初めてのうさぎさんチームの立体像アイテムです。原型はstudio respawnさん製。
特に欠点はありませんが、みほんしゃしんがやけに目がずれています。急いでいて先に組み立ててしまい、目のデカールが入らなかったんでしょうか?
やはりこちらも「五菱工業」さんのエッチング製眼鏡のお世話になりました。
各キャラのパンツの色をそれぞれ別にしてみました。

「雪の進軍」コンビ


「ゆかりセット」

 こちらはPOLYTOYSさん製のゆかりセットです。パンチパーマの小学生優香里だけのために74式を作るべきか悩むところです。


「ガルパン」ページに戻る