1/35 黒森峰パンターG後期型(10話〜)(タミヤ)



間違いなく性能面ではWW2最優秀戦車ですが、このアニメではモブ車両扱いです。
 殆どキャラも乗ってないのですが、模型ではエリカをちょっと乗せてみました。
 黒森峰パンターG後期型の特徴は下記のとおり。キットストレートでも十分劇中車両になります。

<黒森峰パンターの特徴>

・砲塔正面防盾は後期車両に特徴的な「あごつき」。でも左右にあるはずのフックがない。
・フェンダーのはねあげ部は一体化されている?(ヤークトパンターとは異なる仕様)
・砲塔天井には毒ガス検知用の板はついていない。しかし簡易クレーンを取り付けるための基部(ピントル)はある。
・グリルに金網なし、ヒーターあり。
・背面に反射板はないようだ
・上部ドライバーハッチ左右にあるはずの、ハッチが車体にぶつけないようにするための木片がみあたらない。
・左排気管基部から伸びているはずの尾灯が車体にダイレクトに取り付けられている。
・後部牽引シャックルがない
・前部牽引シャックルはどうやら左右逆に取り付けられている(これでは履帯に干渉するのでありえない)
・対空機銃架はない。

 今回は、アベール製の金属砲身と、国産のパッション製エッチング、モデルカステンの「パンター後期型用履帯」を使いました。
 形状に大きな変化がない条件で、一応「劇中車両にはないけれども、こうしないと不具合が出る」部分は実車のようにしています。
 まあ誰が作ってもだいたい同じ仕様になると思いますので、難易度は「D」にいたしました。
 尚、車体左ライトのコードは、フェンダーの下をくぐって履帯の上の水平面の穴から車内にのびてます。


 フィギュアは、プラッツ製のものをのせてみました。

「ガルパン」ページに戻る