1/35 独逸 V号突撃砲B型(1941年 ポーランド)(1/35 田宮模型)
German Sd.kfz.142 Sturmgeschutz3 Ausf.B(1941 Poland)(Tamiya)

sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B

 「そういえば三年くらい戦車作ってないな」と思い、予算と相談して練習用に比較的シンプルな車を作ろう、と思って作りました。
 とはいえ、コスト的には砲身の部品がいらない程度であまり虎作るのとあまり差がありませんが。
 1941年6月ポーランド、第226突撃砲小隊 第2中隊所属車を再現してみました。
 このキットには既に金属製の砲身とエッチングパーツがついていますが、キット付属のエッチングは使わずにアベールの部品を使いました。
 キャタピラはモデルカステン製です。
 グレー単色なので汚しは印象的に、と思いながら塗装したのですが、全体的に汚しすぎてまるでバルバロッサ始まって半年から1年くらい経過した 車両のようになってしまいました。
 フィギュアも塗装して乗せた写真も撮ったのですが、キット付属のフィギュアはどうも影が薄くて、フィギュアは ないほうが車両の印象が増すと考えて敢えて乗せていません。
As I have not made any AFV models for these 3years, I decided to make new one by choosing a simple and law-cost vheecle.
this model is based on kit from Tamiya, and decolated by parts from ABEL and tracks form MODELKASTEN.
Figure was included in kit, I made and painted it,but I did not mount it because it was too simple.
This model reproducts vheecle of 2nd kompanie, 226th StuGAbt. Poland, June 1941.
the kit includes alminium barrel and photo-etched parts, but I have not used original photo-etched parts, but parts from Abel.
Vheecle is painted "too dirty", because I thought it had to be excessive on glay basepainting. now it looks as if it had past about 1year after Soviet operation started.

<車体上面>
sturm3B
sturm3B

 車体上面は支援する歩兵とクルーがどかどかと汚れた靴で乗ってくることを意識して塗装しました。足跡があってもよかったかもしれません。
 車内は暗いので敢えてシャドーは殆ど入れていません。

top of vheecle is being dirty by muds of infantries and crews shoes.
sturm3B

<車体>
車体左側の覗き窓の溶接跡はラッカーパテではなくポリパテでややオーバーに表現してみました。
同様に車体側面のねじ穴も実際のものより大きめですが、これは熱した真鍮パイプを押し付けて表現しました(穴の大きさは このパイプの径が欲しかったものより大きいものしかなかったせいでもありますが・・・・)。
sturm3B
sturm3B
sturm3B
sturm3B

<車体後部>
 マフラーは先ずレッドブラウンで塗装した上から熱による腐食からくる浮き錆をパステルで表現、排気口にはすすとオイルだれを表現しています。
 テーパーのついたアンテナは伸ばしランナーで作りました。
silencer is painted as if it had been rusted by heat (painted by pastel), and got dirty by smoke and oil.
HOME